メンヘラが選ぶ、メンヘラに言ってはいけない言葉ベスト3

 

 

どーも! ハヤシはしる (@dxxb1212) です!

いやぁ、久しぶりの投稿です。
みなさま、お待たせいたしましたー!

「これから、じゃんじゃん書いていくぜぇぇ!!」

 

言いたい所

なのですが。

 

本日は、ボクではなく

知り合いの中で、最もメンヘラな方に寄稿して頂きました。

ちょっと、ブログから離れすぎて、書き方を忘れたので
他人の力を借りようと思います笑

どうぞ、お楽しみください☆ミ

 


 

初めまして。リストカット歴4年のメンヘラです。

いきなりパンチの効きすぎた言葉での登場すみません。

突然ですがみなさん、生きていて楽しいですか?

私は4年前にメンタルを拗らせてから、仕事に行くのはもちろん

ご飯を食べるのも寝るのも何もかも辛く、

日々死にたいと思っていて、もはやほぼ生きていません。←

 

死にたさに負けそうになった時はオーバードーズをしてしまったり

着実とメンヘラ道を邁進している所存でございます。

 

さてそんな私ですが、そんなことをしていたら当然人に

心配されることだってあります。

こんなゴミみたいな私を心配してくれるなんてありがたい話ですが、

たまに「それは逆効果でしょ」と思うような言葉もあるわけです。

その中でも個人的に最悪だと思う言葉ベスト3を考えたので発表させてもらいます。

 

 

3位

 

「人生生きてたら良いことあるよ」

 

そんなことは言われなくてもわかってます。

わかった上でもなお希望を見出せず死にたいと言っているのです。

”これから先起こるかどうかもわからない良いこと”よりも、

”今の苦痛から一刻も早く逃れること”の方が大事なんです・・・。

 

 

2位

 

「なんだかんだ言って、死にたいって言ってる人が一番死なないよね」

 

たまに聞きますが論外です。

死にたいと言って死ぬ人もいます。

何を根拠にそんなことを言うんだい。

 

1位

 

「リストカットはやめろ、親からもらった体を大切にしろ」

 

的外れすぎて笑えてきさえする言葉です。

そもそもリストカットの行為そのものを否定するような言葉は

完全に地雷以外の何者でもありません。

人によって違いはもちろんありますが、少なくとも私を含め

”生きるために腕を切っている”人は

少なくはないはずです。

生きるのが辛く、死にたさに負けそうになった時に腕を切るのです。

そんな人に腕を切るなというのは、死ねと言っているのと同じです。

もし腕を切っている人を見かけたらその行為を否定するのではなく、

何が原因でその人がリストカットをしているのかを考えて欲しいです。

その人は腕を切ってしまうぐらい苦しんだり、辛いことがあるということです。

それを一緒になって考えてあげるのが一番だと、私は思います。

 

親からもらった体を大事にしろ、というのは否定はできませんが

それはピアスや喫煙などにも同じことが言えますよね・・・。

 

 

偉そうに書いてしまいましたが、メンヘラは精神の

基礎免疫力が限りなく低く自己肯定感は地に堕ちているので

優しくしてくださいということです(切実)

 

地雷を踏むとメンヘラは特にめんどくさいので

(私も例に漏れずかなりめんどくさい)

少しでもそういうことにならないようにしてくださいね☆

 

参考にしてほしい著書