碁石茶親衛隊!隊長のハヤシが碁石茶を紹介しよう

ちは!ハヤシはしる です。

僕は4年になるときに休学という選択をし、今を人生の
ギャップイヤーとして自由にたのしく、やりたいことをしています。

休学という日本ではかなり少数派である選択
のなかで、ハヤシがどんな活動・経験をしているのか、何を感じているのかを発信し、共感してくれる仲間を増やすために、この「ハヤシはしる」というブログを運営しています。

あっ、ちなみに!
「ハヤシはしる」は「ハヤシ走る」と「ハヤシは知る」という二つの意味をもっています(我ながら抜群のセンス!w)

それでは、いっきまーす。

幻のお茶づくり@天空

 

ここは天空。
高知県大豊町。

「NPO法人ONEれいほく」のプロジェクトである碁石茶親衛隊の一員として
幻のお茶「碁石茶」の生産量を増やすために活動しています。

一応ハヤシは碁石茶親衛隊初代隊長です!えっへん!笑

碁石茶とは

碁石茶

まず”碁石茶”知ってましたか?

高知県民でも知らない人がいるようなので
改めてハヤシが紹介しておきましょう!

生産地は大豊町

大豊町は高知県の北部、四国のほぼ中央部にある山間部に位置する。
四国で唯一、65歳以上の比率が50%を超える限界集落である。

ここ碁石茶は創れらています。

碁石茶のほかに

 

 

 

 

 

 

 

 

などなど見所いっぱい自然いっぱいの町です。

名前の由来

発酵後に裁断した茶葉を天日干しにするときに黒い碁石のように見えるのが名前の由来です。

こんな感じ!!美しいですねー!!

Cmlm_YiXYAAXslL

《注意》 両面とも黒いので、絶対に
碁石茶で囲碁を打たないでください!

日本唯一の製法

碁石茶は日本で唯一の二段階の微生物発酵でつくられています。

収穫した茶葉を蒸した後、むしろを敷いた土間で「カビ付け」を行い発酵させます。一週間ほどカビ付けを行ったあと、大きな桶に入れて漬物と同じ手順で重石をのせて数週間かけて「漬け込み」を行い発酵させます。

好気性の「カビ付け発酵」と嫌気性の「漬け込み発酵」の二段階の発酵を行うことで植物性乳酸菌がたっくさーん増えるのです。

この二段階発酵で生まれた植物性乳酸菌は動物性乳酸菌よりも強く、ほかの微生物に負けることなく体内で働くことができ、代謝促進・老化防止・便秘改善・美肌効果など健康効果抜群です!

二段階発酵
こそが碁石茶を碁石茶たらしめています。

碁石茶PR動画はこちら!

動画にも出てくるんですが、代謝促進・老化防止・便秘改善・美肌効果など健康効果抜群です!
最近は多くのメディアで取り上げられていて、その人気は生産がおいつかないくらい非常に高まっています。

だから碁石茶親衛隊が立ち上がったわけなんですね!

気になるお味はというと、発酵食品特有の自然な酸味があり、アルコールの抜けた赤ワインのような風味です。僕はこの味がとても好きでよく飲んでいます。

人気絶頂で品薄の碁石茶を手軽に飲めるなんて生産元に近い碁石茶親衛隊の特権ですね!

今後も碁石茶親衛隊はあると思うのでぜひ応募してみるといいですよ!

(なんかどんどん碁石茶生産組合のまわしものみたいになってきたよ!笑)

科学的根拠

代謝促進・老化防止・便秘改善・美肌効果 (笑)

よく深夜の通販でも謳われてるフレーズですね!笑
僕はこう見えても僕は理学部です!根拠があいまいな疑似科学的はあまり好きじゃないです。

なので、しっかりと碁石茶に関する論文へのリンクを貼っておきますね!
ガチで論文なので、根拠なんてどーでもええわい!って方はスルーしてくださーい^^
しっかり読める方は読んでくれるとギザウレシス丸!!

要するに

碁石茶をのんでると植物性乳酸菌が体の調子を整えてくれて、免疫力が高まってインフルエンザとかにもかかりにくくなって、健康で長生きできますよー!

ってことです。

【論文一覧】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

科学的根拠がよくわかりましたか?

『本場の本物』認定

ku_sc_01_1

伝統によって培われた生産に対するこだわり、研究が認められ、平成19年に農林水産省の外郭団体食品産業センターによって、碁石茶は『本場の本物』に認定されています。

本場の本物とは?日本各地の豊かな食文化を守り育てるために設けられた、地域食品ブランドの表示基準。 その土地土地において伝統的に培われた「本場」の製法で、地域特有の食材などの厳選原料を用いて 「本物」の味をつくり続ける。そんな製造者の【原料】と【製法】へのこだわりの証となるものです。

さらには高知県地場産業大賞も受賞しています!!さすが本物。

大豊町の未来のために!

碁石茶は約400年以上にわたり、大豊町の伝統産業として存在しています。
そんな碁石茶ですが、ある時期には生産者が一軒になり存続の危機に瀕していました。

碁石茶 伝統継承の歴史

先ほども述べたように、碁石茶はその健康パワーが注目され、いまものすごい人気です。
生産量が不足しているので僕たち碁石茶親衛隊が全国から集められました。

大豊町は65歳以上の割合が50%を超える限界集落

親衛隊の真の目的は碁石茶を通して、この限界集落を盛り上げることです。

今年は僕たち親衛隊がその生産量を約4倍に増やします!!
ハヤシ隊長の力で達成してみせますよ!!

なので読者の皆さまは生産量への心配はいりません。
どうぞ体に良い碁石茶をたくさん飲んで、健康になって、大豊町の活性化に協力してください!

何卒、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

碁石茶製品一覧


おいしい碁石茶のんで
健康美人になりましょう!!

 

プロフィール記事はこちら!