田舎の大学生はボランティアで生きる術も学ぶんだ!

まだ~で消耗してるの?

ついに、このテンプレートを使う日が来てしまいました笑
 

東京から高知に移住したプロブロガーのイケダハヤトさんが生み出したテンプレートとして有名ですね。知らない人はいるのだろうかと思うくらい。

「あたしゃそんな人知らないよっ!」てゆうオバサンのために少し説明。

イケダハヤト
1986年神奈川県生まれ。2009年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、半導体メーカー大手に就職。と思いきや会社の経営が傾き、11ヶ月でベンチャー企業に転職。ソーシャルメディア活用のコンサルタントとして大企業のウェブマーケティングをサポートし、社会人3年目に独立。会社員生活は色々と辛かったので。2011年からはブロガーとして、高知県を中心にうろうろしています。著書に「年収150万円でぼくらは自由に生きていく(星海社)」「武器としての書く技術(中経出版)」「新世代努力論(朝日新聞出版)」などがある。

「まだ東京で消耗してるの?」というブログを運営されている。冷静に世の中を診て、ブログを通じて消耗している人々をズバグサッズバグサッと切り刺ししまくっている笑




僕もマネして、今日はバイトで消耗している学生をズバグサッズバグサッしていくよ~

バイト辞めちゃえ

バイトで消耗している学生多すぎませんか?「バイト行きたくねー!」とか「店長マジむかつんですけどー」とか「バイトやめたーい」とか、大学にいると耳がオクトパス!(レッド吉田風)

Twitterで「バイト やめたい」で検索するとたくさんのオクトパスが出てきました笑

注意事項
この記事では‘‘耳にたこができる’’ということわざの「たこ」を「蛸(タコ)」で表現しています。また、耳にタコができるほど聞こえてくるバイトで消耗している人々の声をオクトパスと表現しており、決して軟体動物のタコがTwitterから湧いてきたわけではありません。


辞めちゃえ辞めちゃえー!


バイトに依存している店にありがちなパターンですね。居酒屋とかに多そう・・・


バイトで寝不足・・・心身ともに疲れ切ってそうですね、次の日の授業が大変そう。


そうそう、本業は学生!そこ大事!

オクトパスたちはみんなバイトを辞めたがってますね。別に、バイトすることは全く悪くないと思います。僕も今までいろんなバイトをしてきました。学生のふところはどんどん寂しくなっていってるし、一人暮らしをするためのお金を稼ぐために、バイトは欠かせません。けど、絶対に社畜にならないで。

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷家畜)と化したサラリーマンの状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。  社畜‐Wikipedia

こうやって見てみると、社畜ってすごい表現。会社に飼いならされてしまい、奴隷(家畜)と化した人・・・・現代の奴隷制度ですね笑

 

一次産業でボランティア

僕は土佐ひかりCDMという漁業・農業・畜産をサイクルさせる循環型一次産業のベンチャー企業でボランティアをしていました。そこでボランティアをした対価として、めちゃくちゃ美味しいニラや卵(情熱のロベルト)や米(仁井田米)をたんまりと頂きました。ほんと食べきれないくらい!笑


食べきれない分はいつもお世話になっているご近所さんたちにおすそ分けします。そしたらお礼に別のなにかがかえってきます。こうゆうのを“贈与経済”ってゆうんだろうなぁ~

最近は高知県の西端にある大月町でボランティアしてたんですが、ここは海も山もあって本当に最高です!地元の方からいつも獲れたての魚を頂いていました。移住も検討中!

こんな感じで僕は食料をあげまくってるし、もらいまくってます。ボランティアを始めてからは食費がほぼなくなりました!食費って出費のなかでもかなりのウェイトがありますよね?それがなくなればバイトに消耗する必要もなくなりますし、その時間を好きなことに使えますよ!

円より縁

特に僕が住んでいる高知県は時給が低い!(最低賃金693円)多くの時間が少しのお金に換わる。多くのお金が少量の食べ物になる。三段論法(A=B,B=CならA=C)で考えると、多くの時間を使って、少量の食べ物に換えているんですよ。途中でお金に換えるからそんなことになるんだ!

田舎には生産者がたくさんいます。それは会社だけでなく、近所のおばちゃんたちもです。そこでは必ず食料が有り余っていますそれをうまく手に入れて贈与経済を回しましょう!

せっかく田舎に来たんだから、円に依存しない生活を構築して、たくさん縁を創りましょう!

そうすればバイトで消耗することもなくなります。円より縁を大切にしましょう。

お金のやり取りなしで「食事・宿泊施設」と「力」「知識・経験」を交換するWWOOFという仕組みも非常におもしろいですよ!もやもやしている学生はこの夏にチャレンジ!!!