限界集落で”ハヤシはうす”が生み出す価値。とある男性を変えました

ハヤシはうす(@884house)というシェアハウスの運営をしていますハヤシはしる(@dxxb1212)です

 

大豊町で碁石茶を作っていた時のご縁ででっかい洋館を借りることになりました。もともと郵便局だったので、かなり風変わりな物件です。

 

関連記事

築100年をこえる洋館をリサイクル。ハヤシはうす始めました。

 

結構大きくて、部屋もたくさんあり、家賃も安いのでシェアハウスをすることにしました。

 

あれから2ヶ月たち、本当に多くの方が訪れてくれました。

そして、ある一人の男性を大きく変えました。

 

 

ポジティブロガーの小太りがルームメイトに


LrpnkvSh 400x400
 

ハヤシはうすを始めた10月、なんと訪問のべ人数が84人でした!いえあ!

 

いやぁ〜、こんなに人が来るなんて想像もしてなかったっすよ

そして、訪問者のうちの一人、ポジティブロガーの小太り:通称コブさん、がルームメイトに加わりました。

 

コブさんはこないだ(12/6)26歳になった4つ上の優しくて、エッチぃお兄いさんです。

 

 

コブさんとの出会い

ハヤシはうすをオープンしてから数日後、見知らぬコブさんから連絡がありました。

高知でブロガーやっております、中山と申します。林さんの活動に興味があります。一度お会いしたいのと、ハヤシはうすも見学させて頂きたいです。お忙しい中、恐縮ですが、お返事頂ければ幸いです。

中山さん、はじめまして。
興味を持っていただき、ありがとうございます。
10月は結構空いてますので
いつでもいらしてください。

ありがとうございます!


ウオォォォォッォォ!!!!

なんか嬉しいししいいい!!!

会いたいって、俺なんかに会いあたいってヨッォォx!!

林さんだなんて!そして全然忙しくないのに!!!恐縮してくれてるぅぅぅ

 

お会いしたい系の連絡は始めだったんで、とても嬉しかったです。ええ。

そして、ハヤシはうすまで、わざわざ会いに来てくれました

 

この時はコーヘイさんキュウマくんも一緒に来てくれました

IMG 4232

一瞬、ブロガー合宿みたいになってすごく楽しかったぁ

んで

そのあと、コブさんと50m走をさせられました。

IMG 4241
20161011163355

 

もちろん、小太りな男性に負けるハヤシではないので、圧勝させていただきましたよ!ええ!

そして、出会っった初日でわかりました。

 

 

小太りはハヤシが欲していた存在そのもの

そして、コブさんはすかさずこれを記事にまとめていました

 

関連記事

http://www.kobunikki.com/entry/2016/10/10/155848

 

自ら企画して、すぐにそれを発信する

まさに僕が欲していたルームメイトそのものでした

 

僕はメンバーの個性がおたがいを補完しあうようなシェアハウスができればいいなぁ〜って思っています

 

みんなの得意が違って、みんなが長所を生かして助け合うような関係。仕事もみんなでまわして、まるでシェアハウスが1つの会社のようになればいいなぁ〜って

 

コブさんは僕にはない「バカさ・企画力・発信の素早さ」を持っていました。

 

コブさん自体もシェアハウスでの生活に興味を持ってくれていたことと、猛アプローチしたことで、短期滞在をしてそのままルームメイトになってくれました。

 

関連記事

http://www.kobunikki.com/entry/2016/10/13/234404

 

 

ハヤシはうすに来てから小太りは確実に変化した

 

 

関連記事

http://www.kobunikki.com/entry/2016/10/17/165640

 

 

この記事に出てきた3つの理由

  • 毎日が刺激的
  • 成長できる環境
  • 議論ができる

 

なるほど、コブさんはハヤシはうすのこういうところに価値を感じていたんだなぁ

 

そしてこれらのことがコブさんを変えた大きな要因になっているんだと思います。

コブさんはうちに来てからかなり変わりました(あくまでハヤシの視点)

 

ポジティブログのPVは爆増しましたね

これは間違い無くハヤシはうすがもたらした恩恵だとおもう

 

暮らしすべてがコンテンツ

実家から限界集落にある若者が運営するシェアハウスに移動したことで、もちろん日々は大きく変化したわけで、もはや生活のすべてがコンテンツになったも同然

 

かなり刺激的だったみたい

http://www.kobunikki.com/entry/2016/10/14/144402

 

 

序盤はハヤシ自身がコンテンツになることが多かったですね笑

もう裸の付き合いです

http://www.kobunikki.com/entry/2016/10/16/222918

http://www.kobunikki.com/entry/2016/10/27/220411

 

環境の変化って大事だなぁとコブさんから学びました

(ハヤシの環境も変化してるから発信せねば汗)

 

 

”ハヤシはうす”に居ることで出会いが増える

cqblcnws

 

イケダハヤトさんとの出会いは大きかったのでは?

http://www.kobunikki.com/entry/2016/11/06/222332

 

ブロガーにとっては喉から手が出て消耗するほどだと思います笑

 

 

同じれいほくにいると関わるタイミングって少なからずあるんですね

さらに、あのカルロスさんにも出会って、イケハヤランドの開墾に行きました。

http://www.kobunikki.com/entry/2016/10/31/213458

 

なんだかブロガーがいっぱい集まるみたいな雰囲気が出ているかもしれませんが、実際はそんなことはなく、本当に様々な人が訪れてくれて、出会いが生まれています。

img_5992

 

 

やっぱ、アクセスの良さがこの環境を生み出したんだろうなぁ

 

 

コブさんがこんなことを書いていました。

「人と住む」ことは最高に楽しかった!

”人と食べるご飯”が美味しすぎて

もう、”ぼっち飯”ができないかも、、

ただ「誰と住むか」は重要ですね。

ぼくはシェアメイトとの相性が良かった為

何も嫌なことがありませんでした。

 

 

そう、コブさんはたまたま、僕たちとの相性が良かったんですね。

 

だからハヤシはうすでの生活がコブさんにプラスの変化を与えたんだと思います。

 

そして、日々のコンテンツを発信し続けたから”れいほく”に住む人たちから注目され、”れいほく”に注目する人たちに注目されるという最高の流れをつかんだのですね

 

 

小太り旅立つ

http://www.kobunikki.com/entry/2016/12/03/223248

 

しかし、ついこないだコブさんはハヤシはうすを卒業しました。

”何か問題発生して出て行く”とかそういうのではなく

ここで生活する中で、新たな道を見つけ出したようですね。

 

もともとは東京の会社の過酷な労働の中に埋もれていたコブさん

 

ハヤシはうすで生活しながら、たくさんの刺激を受け、たくさのことを学び、多くのつながりを得て卒業していきました。存分に利用し、吸収してくれました。

 

自分の作った場所が誰かを変えたと思うと感無量です。本当に良かった。

 

 

僕もコブさんから色々と刺激を受け、得るものがありました。

 

きっとこれからも同じようにルームメイトとして誰かがやってきては卒業する

 

そして、ハヤシ自身も何かを学ぶ

 

ということを繰り返していくんだと思います

 

ハヤシはうすを始めて本当に良かった。

 

これからもいい出会いがあるといいなぁ

 

 

楽しみにしています。

 

 

 

 

これからも

ハヤシは知る、ハヤシ走る