バイトするのが嫌になったんで、食堂をつくって稼いでいた話

こんにちは!休学フリーランスのハヤシはしる(@dxxb1212)です!

みなさんは何のためにバイトをしていますか?

その時給・仕事内容には満足していますか?

 

ぼくはお金を稼ぐためにいろんなバイトをしてきました。

  • 不動産屋
  • 結婚式場ホールスタッフ
  • 会場・ステージ設営
  • 農作業
  • 家庭教師
  • 高校授業アシスタント
  • ラウンジのボーイ
  • 屋台のにーちゃん

などなど

 

で。

 

最終的に”バイトってつまんないなぁ〜”って感じ始めたので

食堂をつくって楽しみながら稼ぐことにしました。

 

バイトがつまんない理由

時給はなかなか変わらない

基本的にどんだけ頑張ろうと、サボろうと、時給はかわりません。

これ、モチベーション下がりますよ。

実際、ステージの設営なんかは結構テキパキ動けたので、影でサボりまくってる人とか見ると萎えました

逆に

ぼくがやってた不動産のバイトは【時給+歩合】という制度だったので、すんごいやる気も出たし、契約を取るためにいろんな工夫を凝らし、楽しめましたね!

やっぱり、頑張った分がしっかりと評価される方がやる気も出るし気持ち良いですね!

 

めっちゃ怒られる

これは、ぼくが悪いです笑

ドジなんです!下手こいちゃうんです・・・

適正ってやつなのかな?

ホールスタッフはあまり向いてないように感じました(3年間やった笑)

バイト仲間や社員さんはすごく大好きで最高だったんですが

単純に,
向いてないなぁと感じる事をやるのは楽しくないです!撤退!

 

自由度が低い

謎の規制があったりします

バイトに来る時サンダルはだめ!とか笑

本当に意味がわからない・・・履き替えるのに

シフトも色んなことに気を使いながら書いたり

人数が足りず、予定のある日にバイトにかり出されたり

服装も時間も自分で決めれたらいいですよね!

 

そんな感じで、”バイトつまんねぇ〜”って感じるようになりました

 

バイトじゃなくて自分で稼ぐよ!お茶っこ食堂

そんな僕が始めたのがお茶っこ食堂です。

もうバイトじゃないぞー!やっふーい!

食堂って言っても、どこかに店を構えたわけではなく

当時住んでいたお茶っこ屋という1軒屋に知り合いを呼んで、ご飯を作ってあげる代わりに300~500円くらい頂いてました。

 

高知の美味しい魚を食べてほしい

料理はだいたい魚料理です。

高知の美味しい魚をみんなにも食べて欲しかった!←とてもいいやつ

めっちゃ仲のいい魚屋さんがいて、そこから仕入れて、アラなんかも無料でもらって調理してました。

野菜ももらいものがほとんどだったので、超低コストで料理できたんですよね!

5歳児でもできる!田舎の完全攻略法‼︎ Vol.1

自分が作った飯でこうやって喜んでくれるんですよ!

嬉しいし、楽しいし、稼げるし、やりがいしか感じなかったですね

 

自分だけのやり方で自由にできる

バイトと違って本当に自由!

だいたい、この日にやろう!ってのが決まると適当にツイートします

営業もスマホで済んじゃうんだから最高ですよね

終わったらこんな感じで投稿して宣伝と

ぼくだけじゃなくて、きてくれた学生も勝手に宣伝してくれるんで口コミはすぐに広がりました。

いつでも好きな時にオープンして、人は確実に来てくれるいい状態でした。

 

事業拡大。Barにも出張

こうなってくるとさらに楽しい!

近くのバーのマスターと気が合い、やらせてもらうことになりました

 

ちゃんとした店でやるってことで、いつも以上にメニューも気合い入れました

 

カツオのアラで出汁をとったカツオ煮込み

Ceoj4-aWsAIN3uB.jpg

 

上手に握ってるでしょ?

Ceoj5BBW4AEy29M.jpg

 

海鮮丼も作りましたよ!

Ceoj47cXEAADZe3

マスターのお客さんがぼくに、ぼくの集客でバーに

お互いにとって利益しかないし、最高!

商売をやってる感がすごくて、スンゲェわくわくしました

 

こんな感覚、バイトじゃ絶対に味わえないでしょ?

絶対になんかやってみたほうがいい!

 

お客さんからお酒をいただきながらやってたので、最後にはバタンキュ〜でした

好きなことでやってみたら?

ぼくは料理にハマっていて、作るのが大好きで楽しかったです。

「好きで楽しいこと」ならあなたにもありますよね?

嫌々でバイトするくらいなら、こうやって好きなことで稼げるかどうか、挑戦してみるといいですよ!

 

普通に稼げて、人が喜んでくれて、楽しくて、自由。

自分の友達同士が繋がるコミュニティになる

そんなお茶っこ食堂を生み出せました。

 

皆さんも”当たり前”じゃない小さなチャレンジしてみませんか?

 

これからも

ハヤシは知る、ハヤシ走る